>>吃音・どもりを治したい方のみご覧ください

2008年04月23日

吃音がひどいですがカラオケは平気なんです


吃音がひどいですがカラオケは平気なんです

吃音がひどいって方でもカラオケだとぜんぜん問題ないでうすっていう人はけっこう多いです。普通の会話ではかなり重症と認識している方でもカラオケだと普通に歌える。何でって疑問に感じている人も意外に多い。吃音の悩みとして、このようにあるときはうまく普通にしゃべれるのにとっさの会話やイザというときにうまくしゃべれないというケースがよくあるため、周りの人に吃音をうまく認識してもらえなくて困っているという悩みを抱えているひとが多いです。特に職場での電話対応に恐怖を感じてしまう方がおおく、対人恐怖症などのような重症のケースになってしまうこともありあす。見ず知らずの人の電話受付を専門とした仕事内容ですと、吃音だということで仕事に支障がでてしまうこともはじめからある程度想像できるならば、電話対応などの少ない部署、仕事内容に配属してもらうように自分から行動しなければいけません。お客さまには吃音ですから、聞き取りにくいけど我慢してくださいなんて通用しませんから。吃音だから仕事が無理と思いこんでいる方がいますが、吃音がすべて悪いのではなく、吃音だから・・・と言い訳を探してしまうことが良くないとおもいます。うまくしゃべれないなら、技術職、開発、個人でてきる仕事などいくらでもあるし、みんなと同じじゃないといけないということもないので自分ならではの仕事をできるよう、自分を磨くのも一つの方法だと思います。シルベスタスターローンだって、吃音だけどだれもが知るスーパースターですし、人前にでまくるしかも感動を与える仕事をしています。吃音だからという言い訳をかんがえていてもしょうがないのでマイナスばかり考えないようにしましょう。
posted by 吃音治療研究所 at 13:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。