>>吃音・どもりを治したい方のみご覧ください

2008年06月14日

吃音の治療方法

吃音の治療方法は個人の判断で行わないほうがいいです。
発音、声に疑問をもったら、専門医師の診断をうけて
適切なトレーニングや治療を受けると良いです。
吃音症について
吃音症(きつおんしょう、英:Stammering symptom)とは、発語時に言葉が連続して発せられたり、瞬間あるいは一時的に無音状態が続くなどの言葉が円滑に話せない疾病。言語障害の一種である。どもり、吃音ともいわれる。WHOの疾病分類「ICD-10」では、吃音は、「会話の流暢性とリズムの障害」、「吃音症」[1]とされ、米国精神医学会のDSM-4-TR(精神障害の診断と統計の手引き)でも吃音症とされている。日本においてもICD-10やDSMに準じた厚労省の「疾病、傷害及び死因分類」[2]が採用され、吃音は基本的には医療機関で受診可能な健康保険適用の吃音症という疾病に分類されている
ウィキペディアより引用
posted by 吃音治療研究所 at 20:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。