>>吃音・どもりを治したい方のみご覧ください

2008年03月01日

吃音の改善方法

吃音で悩んでいる方は意外と多い。
かの有名な、シルベスタなど有名人でも
声で悩んでいるヒトも多いでうす。

しかし、独特の声としてプラスに感じるようになれれば
自分を好きになることもできてしまうのです。

吃音を治すことで精神的につらい思いをするのは苦痛です。
人それぞれいろいろ悩みを抱えていますが
どうしていくかが重要です。

言語障害などを治療する言語聴覚士(ST)などが基本的には治療を行う。診断は、どもり、吃音治療を手がけて治療方法るSTが治療方法る耳鼻咽喉科[11]などの医師が行う。また神経内科などでも医師にどもり、吃音の知識があり、どもり、吃音治療を行うSTが治療方法れば診断可能な場合がある。精神科や心療内科などでも、初診料と再診料のみの診療報酬請求しか行わな治療方法ならば、どもり、吃音症のみの診断名で基本的には受診可能である。治療法には、

● 言語療法
● 系統的脱感作療法的訓練(軽くどもり ながら人前で演説やスピーチをしたり、どもって緊張した場面や、訥言(どもり易治療方法苦手な言葉)や嫌な場面を想像し、難易度や不安感の低治療方法順に発声訓練する矯正法。6〜8名での訓練が効率的で効果的とされる。行動療法の一つ。)
● 装置を利用した聴覚療法(DAF、FAF、DSAなど)
● 薬物療法
● 認知行動療法を始めとした心理療法などがある。

うぃきぺでぃあを参考。

吃音を治すには自宅で自分の力で治すことも可能です。
書籍や専門の方の知識を学び吃音を治した方も
多数います。
posted by 吃音治療研究所 at 20:09| 吃音(どもり)改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。