>>吃音・どもりを治したい方のみご覧ください

2007年05月11日

吃音

吃音(きつおん)とは、発声器官に痙攣が起り第1音が出なかったり、ある音を繰り返し伸ばし起こる、言語障害。またはその状態。別名、どもりとも呼ぶ。言葉のリズムがおかしくなったり、突然高い音が出たりもする。
吃音
治療法のひとつにスピーチセラピーがあるが、必ずしも全員がこれで治るとはいえず、確立された治療法がないのが現状である。スピーチセラピーの原理には、心身一元論が根拠にある。もし吃音を心身二元論で考えると、吃音の原因は脳の「過剰反応」によりおこるものとされる。吃音治療を専門にする病院では、大部分がこの論を治療の根拠にしている。つまり脳の過剰反応をおさえれば吃音が出なくなるという理論である。
吃音
成人では1%、学齢期の子供で1.2%、5歳までの子供では5%が吃音者であるといわれる。吃音は本人が隠したがることが多く、本人が気づいてない場合もある。(本人が吃音だと気づく前に治ることもある。)
吃音
また吃音者が思っている心で感じる苦痛などよりも周囲の人間は楽観的に接することが多い。 例「今はスムーズに話せているじゃないですか」
ウィキペディアより
posted by 吃音治療研究所 at 21:24| 吃音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。