>>吃音・どもりを治したい方のみご覧ください

2007年05月11日

吃音治療方法(書籍)

吃音関連書籍の紹介アマゾンより
知っていますか?どもりと向きあう一問一答
伊藤 伸二 (著)
出版社/著者からの内容紹介
吃音(どもり)は欧米などの膨大な研究がありながら、なぜ吃るのかの原因も解明されておらず、治療法も確立されていない。その中で、「親の育て方に原因がある」「どもりは必ず治る」などの誤った情報が吃音に悩む人を混乱させている。よく出される質問に一問一問答える形で、「吃音と向きあい」「吃音とつき合う」コツを紹介する。世界の吃音研究、長年の吃る人のセルフヘルプ・グループの体験がベースになっている。
◇どもりって何ですか。 ◇どもりは差別語ではないのですか。 ◇どんな時に吃るのですか。 ◇どもりの原因って何ですか。 ◇これまでどのような「治療」がなされてきましたか。 ◇吃る人の悩みとはどのようなものですか。 ◇アメリカの専門家は吃音の問題をどうとらえていますか。

◇どもりは障害ですか。 ◇なぜ、「どもりを治す」ではなく、「つき合う」なのですか。 ◇子どものどもりは、放っておいたらほとんどが治るので心配ありませんと言われましたが、本当ですか。 ◇「子どもの吃音は環境調整が治療だ」と言われているようですが、母親の育て方が悪いのでしょうか。 ◇幼児の吃音にとって大切なことは何ですか。

◇もうすぐ小学校入学です。ことばの教室が小学校にあるそうですが、どんなところですか。 ◇学童期の問題は何ですか。 ◇学童期の子どもの教育目標は何ですか。 ◇吃音を受け入れることが大切だと言われましたが、「吃ってもいい」なんてとても子どもに言えませんが… ◇「どもりについてオープンに話す」とは、どのようなことですか。

◇治らないまでも楽に吃ることを指導できますか。◇吃音の言語訓練はどのようなものですか。 ◇吃音に悩んでいる私にとって、吃音とつき合うのは、実際はとても難しいことだと思うのですが…。 ◇子どもが将来どのような職業に就けるか心配です。吃る人はどんな職業に就いていますか。就いたらいいですか。

◇「どもりは必ず治る」と宣伝しているところがありますが…。 ◇吃音とつき合うには何が必要ですか。 ◇ことばの教室の教師、言語聴覚士など臨床家の役割は何ですか。
吃音関連書籍(アマゾンより)
posted by 吃音治療研究所 at 21:40| 吃音治療方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。