>>吃音・どもりを治したい方のみご覧ください

2007年05月11日

吃音(どもり)子供

■ 吃音(どもり)は治療するものではありません。改善の方向はあくまで安定した話し方の習慣作りにあります。
■ 吃音(どもり)の改善は、治る・治らないという白・黒の世界ではありません。吃音意識があっても話し方を調節できるようになるのが本当の改善です。
■ 吃音(どもり)改善は習慣作りですから、短期間で焦ってなんとかしようと思うと上手くいきません。体質改善と同じように月日がかかります。
■ 吃音(どもり)であることをそのまま肯定的に受けとめつつ、実践を通して安定した発語習慣を身につけ育てていこうとすることが健全な姿勢です。
■ 吃音者が持つ発語予期不安を消そうとすることは意味がありません。発語不安を無くそうとすればする程、こだわり・囚われ意識が助長されます。話し方の調整能力が身についてくるに比例して、過度な不安感情も和らいでくるものです。
■ 電話や人前で話す際、緊張のために吃音(どもり)が出るということは事実ですが、吃音者は緊張していなくても吃音を出している不自然な話し方をしていることが多く見うけられます。
また、話すことの本当の自信は、緊張しなくなることではなく、緊張する中にあってもコントロールして話せるという経験から生まれます。
■ 吃音(どもり)の症状は個人によって異なります。ですから吃音(どもり)改善の画一的な方法はありません。けれど安定した話し方の共通点はあります。

さわやかカウンセリングさんより
子供の吃音でお悩みの方は、さわやかカウンセリングさんを参考にされてみては。
posted by 吃音治療研究所 at 21:54| 吃音(どもり)子供 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。